• BC&Me

乳がんの治療費・公的制度を利用する


突然の乳がん告知。

治療の不安はもちろんですが、治療費がいくらかかるのかも気になりますよね。

治療にかかる費用は治療内容によって異なりますが、治療費負担軽減のためのさまざまな公的制度がありますので、ぜひ利用しましょう。


入院した月の自己負担金は10万円以上の高額となりますので、高額療養費制度を使いましょう。

高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

限度額は世帯の所得によって異なりますが、標準的な世帯で9万円程度です。この場合、同一月の医療費として9万円以上を支払ったとしても、そこから9万円を引いた差額が後日払い戻されます。

ただし、払い戻しには3,4ヶ月かかるので、事前に高額になることがわかっている場合は、限度額適用認定証を利用しましょう。


この認定証を提示することで、その月の窓口の支払い額が9万円程度で収まり、払い戻しの手続きの手間もなくなります。

この制度を利用することによって、月額の上限がこの程度、という目安ができますね。


その他にも、医療費が支払えない時は、無利子で貸し付けてくれる貸付制度があります。


会社で働いているならば、傷病手当があります。これは抗がん剤の副作用で自宅療養する場合も該当します。


年間の医療費の自己負担分が10万円を超えた場合は、医療費控除が受けられます。確定申告する必要があるので、領収書はきちんと保管しておきましょう。


治療にかかるお金のページでさらに詳しく説明していますので、ぜひこちらのページもご覧ください。


いずれの制度も自分で申請しないと受けられません。わからないことは、病院の相談窓口で聞くこともできます。