• BC&Me

抗がん剤投与前には歯医者へGO!


抗がん剤の副作用にはさまざまなものがありますが、4割の方が口腔内のトラブルを経験します。

具体的には、口内炎、歯の感染症、口腔内が乾く、などが起きます。

虫歯や親知らずがある場合、急に痛み始めることも。

これは抗がん剤によって免疫力が低下したり、口腔内の粘膜が荒れる、唾液が出なくなることなどが原因です。

抗がん剤治療を始める前に、医師から歯医者に行くように指示されることが多いと思います。

抗がん剤治療前はいろいろと準備しないといけないことも多いですが、必ず歯医者に行き、歯垢の除去や口腔内のチェックをしてもらいましょう。

地味なようですが、なかなか辛いのが口内炎。

痛みがひどい場合は、会話もままならず、食事もとれないので、体力が低下してしまいます。

また、虫歯などのトラブルが起きた場合、投与のスケジュールを変更しなくてはならないときもあります。

いまトラブルは無いので自分は大丈夫、と思わずに、歯医者には必ず行っておきましょう。

歯医者にかかるときは、これから抗がん剤治療を始めることを伝えてください。地域のがん診療拠点病院などと連携を結んでいる「がん連携歯科医院」ですと安心ですね。

国立がん研究センターがん対策情報センターのサイトに歯科医院のリストが掲載されています。

全国のがん連携歯科医院リスト

口腔内トラブルの予防法としては、抗がん剤投与中に氷を舐めて粘膜を冷やす、うがい・歯磨きをまめにして口腔内を清潔に保つ、などがあります。

ちょっとしたケアで治療中のQOLが大きく変わってきますから、ぜひ参考にしてください。

抗がん剤の副作用には口腔内のトラブル以外にもさまざまなものがあります。抗がん剤の副作用対策のページでも詳しく説明していますので、こちらもぜひご覧ください。


0回の閲覧