• BC&Me

いくらかかる?医療費の窓口負担額を計算してみました


がんというととても高額な医療費が何年も続くイメージをお持ちではないでしょうか?

先進医療といった自由診療を受ける場合、たしかにとても高額です。またなかには高額なだけで怪しいものもあるのでご注意を。

基本的には、ほとんどの方が標準治療を保険診療の範囲内で受けられると思います。

治療費はどの治療を受けるかによりますが、一番高額になるのが入院・手術をした月。

入院日数や術式によっても治療費は異なりますが、どの程度高額になったとしても、高額療養費制度を申請し、限度額適用認定証を利用すれば、窓口負担額はある一定の額に収まります。

高額療養費制度とは医療費が高額になったとしても、所得に応じて窓口負担額を一定の額以下に抑えることができる制度です。

この額は所得によって異なるのですが、金額の目安は下記のようになります。

  • 所得の標準月額が26万円以下の場合、一か月の窓口負担額の上限は57,600円、

  • 所得の標準月額が28~50万円の場合、一か月の窓口負担額の上限は8万円程度

  • 所得の標準月額が53万~79万円の場合、一か月の窓口負担額の上限は17万円程度

たとえば、一ヶ月の総医療費(10割)が100万円、窓口負担割合が3割、月収が28~50万円の間の方の場合、実際の窓口負担額は詳しい計算式は割愛しますが87,430円となります。

この時、限度額適用認定証を提示しない場合、とりあえず窓口で30万を支払い、高額療養費の申請をすることで212,570円が払い戻されます。しかし、この払い戻しまでには3ヶ月ほどかかってしまいます。

あらかじめ限度額適用認定証を取得していれば、窓口の負担額は87,430円となります。

限度額適用認定証は加入する健保で手続きができます。発行には1週間程度かかりますので早めに手続きしましょう。

さらに高額療養費の支給が3ヶ月続いた場合、4ヶ月目から自己負担限度額がさらに軽減されます。

高額医療費制度については、病院から説明がない場合もありますので、加入の健康保険組合や病院の相談窓口などに不明点などがあればしっかりと聞いておきましょう。

その他、乳がん治療にかかるお金や使える公的制度などについてはこちらのページでも解説しています。

乳がん治療にかかるお金


2,947回の閲覧