• BC&Me

乳房再建手術にはいくらかかる?気になる手術の費用


乳がんの乳房切除手術には大きく分けて、乳房をすべて切除する全摘手術と一部を残す温存手術があります。

以前はなるべく乳房を残そうと考え温存手術を選ばれる方が多かったのですが、乳房の再建手術が保険適用になったことから、全摘手術を選ぶ方が多くなりました。

乳房再建手術とは、自家組織(背中やお腹などの自分の組織)やインプラント(シリコンでできた人工物)などを用いて、乳房のふくらみを戻す手術です。

胸のふくらみを戻す、というと美容整形の豊胸手術などのイメージもあり、とても高額だと思われるかもしれません。

確かに乳房の再建手術が保険適用になる前には100万円以上かかっていました。

しかし、今は保険適用になったため、費用はだいぶ手に届きやすい価格にまで下がっています。

具体的な費用についてみてみましょう。

自家再建・インプラント、どちらの術式も実際の治療費は高額なのですが、保険適用になったことから、3割負担の場合、自家再建で30~60万円、インプラントによる再建で40~50万円ほどかかります。

しかしさらに高度療養費制度を使えば、一般的な所得の場合、いずれも8万円程度の費用に収まります。

高額療養費制度とは、医療費が高額になってしまっても、世帯の所得に応じて月額の上限内に収まるようになる制度のことです。事前に加入の健保組合に申請が必要です。

高度療養費制度についてはこちらのページで詳しくご説明しています。

治療にかかるお金

乳房再建が保健適用になったことから「再建までが治療」との考え方が広まってきました。乳房再建についてはこちらのページでも詳しくご説明しています。

乳房再建

#乳房再建