• BC&Me

抗がん剤による脱毛後に生えてくる髪が「クセ毛」になってしまう理由


乳がんの抗がん剤の副作用で避けることができないのが「脱毛」。

ほとんどの方で頭髪をはじめ全身で脱毛が起こります。

しかし、抗がん剤の投与が終了して1~2か月もすればまた髪は生えてきますので安心してくださいね。

ところが、やっと生えてきた大切な髪。多くの方に髪質に変化が起きてしまうのをご存じでしょうか?

脱毛前はツルツルのストレートだった方も、新しく生えてきた髪が、うねっていたり、チリチリしていたり、太くなったりしてしまうのです。

このように一度クセ毛になってしまった髪は、もう元には戻らないので、切り落としたり、ストレートパーマや縮毛矯正をしてやっと元に戻った、という方も多くいらっしゃいます。

では、なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

それは脱毛期の「頭皮」の状態に原因があります。

頭髪が全くない時期の頭皮は、毛髪の栄養となる血液も頭皮に行きわたらないため、頭皮が硬くやせ細った状態になっています。

抗がん剤の投与が終了すれば髪は生えてくるのですが、そのときはこの硬く薄い頭皮をムリヤリ通ってこなくてはなりません。

髪はこの薄くて硬い頭皮をクネクネ曲がって通ってきます。この時についたクセが、髪が頭皮を通り抜けても残ってしまうためクセ毛の状態になってしまうのです。

せっかく生えてきた髪が前と髪質が変わってしまうのはなんとか避けたいもの!

そこで大切なのが脱毛期の頭皮ケアなのです。

ポイントは頭皮ケアを始める時期。

抗がん剤の投与中は抗がん剤が頭皮を回っているので頭皮ケアをする必要はありません。育毛剤などもこの時期は効果がありません。

頭皮ケアを始めるのは抗がん剤の投与が終了してから

抗がん剤の投与が終了してから新しい髪が生えてくる1~2か月が頭皮ケアのベストタイミングです。

さて頭皮ケアにぜひ使っていただきたいのが、脱毛期専用に作られた泡のシャンプー、プレオスカルプシャンプーです。

抗がん剤による脱毛期専用に作られているので、弱酸性・無添加・低刺激の安心処方です。

脱毛期から抗がん剤投与が終了してからの回復期までこれ一つでケアすることができます。

プレオスカルプシャンプーをつかった頭皮ケアについてはこちらでご紹介しています。

抗がん剤の脱毛時期の対策はこれ!専用泡シャンプーで頭皮ケア

脱毛時期からしっかり頭皮ケアをして、健やかな髪をとりもどしましょう!

#プレオスカルプシャンプー