昔の自分より、今の自分のほうが好き(miさん_4/5)

May 18, 2018

乳がんと共に素敵に生きる女性を紹介する「乳がんと私」。miさん(52歳)の4回目です。信頼する先生に出会うことで再発・転移の不安が無くなったと話すmiさん。がんになったことで友人が増え、行動範囲が広がるなど、生き方が変わります。

 

*1回目「私の目をずっと見てくれた…主治医との出会い(1/5)」はこちら

*2回目「無治療を選択、そして乳房再建のための病院探し(miさん_2/5)」はこちら

*3回目「乳房再建とは前向きに生きること(miさん_3/5)」はこちら

 

乳がんと診断されるまでの乳がんやがんのイメージってどんなものをお持ちでしたか?

やっぱり「がん=死」と思っていました。夫を白血病で亡くしているので、自分は死に対して敏感になっていたところがあると思います。

 

 

ところが、夫が病気だったから、ずっとそばにいて病気のことは理解していたつもりだったけど、実際に自分が病気になると恐怖心がまったく違っていて。本当には理解してなかったんだな、と気づきました。

 

 

がんになって、一般にはまだまだ「がん=死」と思っている人が多いと思うけれど、今はがんと共存していける時代だということがやっと最近思えるようになりました。目の前で医療に取り組んでいる先生方の姿を見ていると、乳がん治療が日々進歩していることを実感しています。

 

 

最初のころ、友達に言われた「知識は最良の薬」という言葉が最近になって自分に響くんです。再発・転移の可能性はゼロじゃないし、健側の不安もあるけれども、そうなってしまったときのためにも知識はつけていきたいし、もし友人が乳がんになったら助けてあげたいと思っています。

 

 

昨日は乳腺のA先生の診察だったんですよね?

そうなんです。今思っている不安とかを先生に聞いてもらうことができて、先生からもこれからもフォローしていくから大丈夫だよ、と言われて、バレンタインのチョコも渡せて(笑)。この先生がいるから大丈夫ととても安心できました。

 

 

素敵なバレンタインでしたね。

はい。もし再発・転移してもA先生が治してくれる。もう片方の胸がなくなってもB先生・C先生がまた作ってくれるから大丈夫。この先生方がいらっしゃるから大丈夫。乳がんと診断される2年前よりも今のほうが不安じゃないんです。不安の種類は違うんですが。

 

再発しちゃったら、もちろん今度は命にかかわるかもしれないけど、今なら仲間もいるし、先生もいるから今のほうが不安じゃない。先生が「前向きに生きるために」って言ってくれた言葉が、あの言葉がなかったら今の私はなかったかも。

 

 

魔法の言葉だったんですね。

私にとっては魔法の言葉です。前向きになることによって東京にもいろんな場所にも行くようになったし、仲間も増えたし。

 

 

地元に友達はいるけど、やっぱり病気の話はそれほど深く話せないじゃないですか。乳がんの友達だとそれができる。傷の修正、講演会などで、最近までほぼ毎月東京に出てきていました。その都度、東京で知り合った乳がん友達にも会って楽しんでいます。

 

先生方をはじめ一人ひとりの方との出逢いが私にとってのキャンサーギフトであり、出逢いに感謝できる今の自分が昔の自分より好きです。

 

 

miさんの気持ちの変遷をグラフにしてもらってもいいですか?

 

 

 

現在は上がっていますね!

不安になって落ちることもあるだろうし、いまは昔とまったく同じようには仕事をできていないから仕事のことで落ちることもあると思うけど、でもあがったままでこれからも生きていきたいなと思っています。

 

 

NEXT→「がん=死」では無いことを伝えて生きたい(miさん_5/5)

 

Please reload

haircare2バナー.jpg

​Last Post

Please reload

Category

​Related article

Please reload