乳がんの入院から退院までをシミュレーション

October 31, 2019

 乳がんと診断されると、手術が行なわれますが、これが初めての手術、初めての入院という方も多いのではないでしょうか?経験したことのないことだと、とても不安ですよね。

 

入院期間は術式や同時再建の有無によっても異なりますが、切除手術のみの場合は、だいたい1~2週間程度です。

 

乳がんの手術で切除するのは主に脂肪と皮膚なので、他の内臓系の手術と比較しても痛みはとても軽いです。

 

手術は全身麻酔で行なわれるので、麻酔をされ気づいたらもう病室のベッドに戻っていた、体感5分ぐらい、という声がよく聞かれます。

 

食事も体調がよければすぐにでてくるはずです。

 

切除手術のみの場合は、翌日になると、さっそくリハビリで体を動かすように看護師さんから指示がでます。

 

病院の中を動き回って探検した!という方も。

 

院内散策用に軽い羽織物を用意しておくといいですね。

 

入院期間中はゆっくりできる貴重な時間!と優雅にシートパックをしたり、読書や趣味の時間につかったり、と有意義に活用している方もいらっしゃいます。

 

退院の頃には、傷の痛みも軽くなり、ご自身で車を運転して帰ったという方もいらっしゃいます。

 

術側の腕はしばらくは上がりにくいかもしれませんが、リハビリを続ければ数ヶ月で元のように戻っていきます。

 

手術の際に切除した腫瘍などを詳しく検査し、数日すると正式な検査結果がでてきます。この結果を元に治療方針が決定されます。結果がでるまでが一番不安なときですね。

 

その後の治療法については乳がん治療の流れのページでも詳しく説明しているのでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

haircare2バナー.jpg

​Last Post

Please reload

Category

​Related article

Please reload