乳がんになってからの漠然とした不安の正体は?

August 30, 2019

 

私たちはこの「Breast Cancer & Me」のサイトを通して、長く続く乳がんLIFEに役に立つ情報を発信しています。

 

乳がんと診断されたばかりの頃は、どんな人でも深い不安に陥ります。また治療が一段落すると、ここでまた不安な気持ちになってしまうことも。

 

その不安の正体はなんなのでしょうか?

 

私たちは「乳がんと私」という企画で、乳がんと共に生きる素敵な女性を紹介しています。彼女たちの言葉の中に、不安から逃れるヒントが見つかります。

 

今日はcocoさんのインタビューから一部ご紹介します。いままで治療で忙しくしていたのが、治療が一段落すると急に虚無感を感じるように。cocoさんはそのときある団体で乳がんサバイバーの方に相談してみることにしました。

 

あるがん患者支援をしているNPO団体で、がんサバイバーの方と1対1で相談できる機会があったんです。そこでそのときの漠然とした不安を話してみました。私の話を聞いた彼女から「失ったものなんて何もないじゃない、悩むことなんてないわよ」って言われて。

 

考えてみれば、乳がんになって彼氏と別れたわけでもないし、仕事を失ったわけでもない。(中略)それで、あー本当に私は乳がんになって失ったものはなにも無いんだな、ということに気づいて、それからは悩むことを止めました。 

 

自分が不安に思っていることはなんなのか、一つずつ小さいピースにしていく作業は大切です。

 

そうすることで漠然としていた「不安」というものが形をおびてきます。

 

そして自分が抱えていた気持ちは、実はそんなに悩むことはでないのかもしれない、という気づきが得られる場合もあります。

 

cocoさんのインタビューの全文はこちらから読むことができます。

 

またその他の素敵な女性のインタビューもこちらから読むことができます。

 

ぜひ、不安との向き合い方の参考になさってください。

 

 

 

Please reload

haircare2バナー.jpg

​Last Post

Please reload

Category

​Related article

Please reload