抗がん剤による脱毛:医療用帽子はなぜ必要か?

November 20, 2019

乳がん治療が始まると用意しなくてはならないものがたくさんありますね。今日はその中でも抗がん剤治療を行なう方の必需品「医療用帽子」のご紹介です。

 

 

医療用帽子は脱毛時期の頭部を保護するための帽子で、病院の売店やネットでもさまざまなものが販売されています。

 

 

医療用帽子はなぜ必要か?

①頭を保護する

抗がん剤治療中は免疫力が低下しているので、少しの傷でも感染しやすくなったり、風邪を引きやくなったりします。頭部を冷やさない、傷を防ぐと言う意味でも医療用帽子をかぶることが大切です。就寝中にもかぶることをおすすめします。

 

 

②汗や皮脂をキャッチする

髪の毛が無くなると、驚くほどに頭皮から汗が流れ落ち、皮脂も気になるようになります。普段は髪の毛がそれらを抑えていたんですね。汗や皮脂をキャッチするためにも医療用帽子をかぶりましょう。帽子をかぶるときのインナーキャップとしてもおすすめ。洗濯はマメにしたいので、2,3枚シンプルなものを用意すると良いでしょう。

 

 

おすすめはケアぼうし

数ある医療用帽子のなかでおすすめは「ケアぼうし」です。ケアぼうしは累計販売数が100万枚を超え、医療用帽子の国内シェアNo.1です。医療用帽子にはさまざまなデザインのものがありますが、就寝中やインナーキャップにも使うことを考えると、シンプルで肌触りが良いものが一番!

 

 

ケアぼうしプレミアム

シルク100%なので夏は涼しく、冬はあたたか♪ 肌触りが良く、縫い目が無いのでやさしく被れます。ケアぼうしの中でも人気ナンバーワンのアイテムです。

 

 

ケアぼうし(超薄タイプ)

通常のケアぼうしより、生地が薄めになったタイプ。安心のコットン100%。暑い今の季節におすすめです。 帽子やウィッグのインナーキャップにも使うなら、お勧めは黒色です。

 

*ケアぼうしはQOL総合研究所株式会社の登録商標です。

 

またサイズもスモール・標準・ラージの3つからお選びいただけます。特に女性の方ではフリーサイズだと大きすぎる、という方も多いので、このサイズ展開は魅力ですね。

 

ケアぼうしは乳がん治療に必要なものが揃う通販サイトBC Storeからお買い求めいただけます。

 

 

Please reload

haircare2バナー.jpg

​Last Post

Please reload

Category

​Related article

Please reload