抗がん剤による脱毛期・暑い季節の乗り越え方

May 22, 2018

 

抗がん剤による脱毛期はいつもよりも汗がでてきます。さらにウィッグをかぶりますから、気温が高くなってくると憂鬱ですよね…。

 

ここでは暑い季節の乗り越え方のアイデアをご紹介します。

 

■冷却シートを使う

気温が高いからといって、外出を控えるわけにもいきません。でもウィッグの中は汗がダラダラ…という経験をされる方は多いのではないでしょうか。

 

サバイバーの皆さんの体験談をお聞きすると、多くの方が、お手洗いにいく度にウィッグを外して汗をぬぐって対処しているようです。

 

またウィッグの下に市販の冷却シートを貼っているという方もいらっしゃいます。

ひんやりして効果が期待できそうですね。

 

 

■シルク製の医療用帽子を使う

暑いからといって、髪が抜けてしまった頭部をそのままにしておくわけにもいきません。

 

ご自宅などでは、みなさん医療用帽子をお使いかと思います。

 

医療用帽子を被る目的は、露出してしまった頭皮を怪我などから守るためといつもより多く出る汗や皮脂を吸収するためです。

 

また暑い季節といえども、日中はクーラーが、就寝時も意外と冷えますから、医療用帽子は欠かせません。

 

綿素材の医療用帽子は、もうすでにお持ちかと思いますが、暑い季節に備えて、追加で購入を検討されているのなら、おすすめはシンプルなデザインで素材がシルクの医療用帽子です。

 

 

 

おすすめの色は黒。この上から普通の帽子を被れば、脱毛中であることが目立ちません。 しかも、これは縫い目の無いタイプなので、被っているときの違和感や締め付け感もありません。

 

シルク100%なので、綿とちがって肌触りがサラッとしているので、夏を涼しく過ごすことが出来ます。

 

また実は、シルクは冬も暖かなので、1枚あるとシーズンを問わず長く使うことができるんです。

 

 

 

色は他にもグレーとチェリー(ピンク色)があります。

価格は税込みで1枚2,808円です。

 

こちらの医療用帽子はNPO法人ビーシーアンドミーが運営する通販サイトBC Storeで購入することができます。

 

BC Storeは乳がんサバイバーの声をもとに乳がん治療に必要な「とっておき」だけを集めたショップで、売上の一部はNPO法人が行うピンクリボンキャンペーンの活動費に充てられます。

 

BC Storeはこちらから

https://bc-store.net/

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

haircare2バナー.jpg

​Last Post

Please reload

Category

​Related article

Please reload