抗がん剤による脱毛時期をおしゃれに・快適に

October 28, 2019

 

個人差の大きい乳がんの抗がん剤治療の副作用の中で、ほとんどの方に出現してしまうのが脱毛です。

 

いつから脱毛するの?

乳がん治療で使われる抗がん剤は、3週間おきに4クール投与されるのが一般的です。脱毛は最初の投与から10日~2週間で抜けはじめます。抗がん剤治療が始まる前には、抜けた髪の処理を楽にするために、短く切りそろえておきましょう。だいたい1週間程度で抜けきりますから、この間は髪が飛び散らないように使い捨ての帽子などを使って頭部を保護しておくといいですね。また抜けた髪が目立たないように、黒っぽい服を着る、などの工夫も必要です。

 

 

いつから生え始めるの?

すべての投与が終了した3~6ヵ月後に髪は生え始めます。ただし、前とは髪質が変わっている方が多いようです。これは脱毛することで頭皮がいったん薄くなり、そこを通って新しい髪が生えてくるので、クセがでてしまうと考えられています。白髪が増えた、という方もいらっしゃいます。投与から8ヶ月~1年も経つとウィッグをはずす時期です。まずはベリーショートとからのスタートとなりますが、しばらく経つと、また昔のヘアスタイルに戻ることができます。

 

 

いまは手ごろな値段で買えるウィッグや、脱毛期時期専用シャンプーなどのヘアケアグッズもありますから、万全の準備で迎えたいですよね。

 

私たちも脱毛に関して、さまざまな情報を提供しています。

 

 

このサイトのウィッグとネイルを楽しむのページではウィッグ購入に役立つヒントをお伝えしています。

 

 

また乳がんLIFEを心地よくするモノがコンセプトのECサイト BC Storeでは脱毛時期専用のシャンプーや抜け落ちる髪を押さえる使い捨ての帽子、シルク100%の医療用帽子などをご紹介しています。

 

BC Storeの売上の一部はNPO法人ビーシーアンドミーが行うピンクリボンキャンペーンの活動資金に充てられます。

 

 

BC Storeでのお買い物を通じて、あなたの気持ちをぜひ次に続く女性たちに伝えてください。

 

 

 

BC Storeはこちらから→

 

 

 

Please reload

haircare2バナー.jpg

​Last Post

Please reload

Category

​Related article

Please reload