1回800円で使える!リーズナブルで高品質な人工乳首(ニップル)

May 14, 2018

 

増える乳房再建
乳がんの乳房切除手術後に乳房再建を選ぶ方が増えてきました。

 

乳房再建が保健適用になったこともあり、「乳房再建までが乳がん治療」という考え方も広まってきています。

 

しかし乳房再建手術で胸のふくらみを取り戻したあとに、「乳首はどうしよう…」と悩まれる方は多いのではないでしょうか。

 

乳首の再建手術には問題が…

通常、乳房の再建と乳首・乳頭の再建は別に行われ、しかも乳房再建手術後に一定期間あけないと乳首の再建手術ができない場合が多いようです。

 

乳首の再建には健側側(手術をしなかった胸)の乳首から移植する方法や、体の色素沈着している部分を切り取って成形する方法などがあります。

 

健側側から移植する場合ですが、この場合、もともとの乳首にある程度の高さや大きさがないと移植ができません。

 

また体の一部分を切り取って成形する方法にも抵抗を感じる方は多いのではないでしょうか。

 

やっと乳首を成形しても、うまくくっつかず、ポロっと取れてしまった、という話も聞きます。

 

なかには、胸のふくらみさえ取り戻せば、乳首は必要ないかも…と乳首の再建手術を選ばない方もいらっしゃいます。

 

そう考えると、一部の方にとって乳首が必要なシーンとは、温泉やスパ、銭湯など、大勢の人と入浴するときに限られるのかもしれません。それも年に数回程度、というなら、体への負担だけでなく金銭的な負担も気になります。

 

人工乳首なら手軽に乳首を取り戻せます
乳房切除手術、再建手術と手術を繰り返してきたから、これ以上体に負担をかけたくない、でも乳首は取り戻したい、とはいえ必要なシーンは限られているからリーズナブルなものが良い、しかもできるだけ着けているのがわからないようなナチュラルなものが欲しい…。

 

乳房再建後の多くの方がこんなことをお望みなのではないでしょうか。

 

そこで私たちNPO法人ビーシーアンドミーと一般社団法人メディカルアテンダントフェデレーションが共同で人工乳首を開発しました。

 

メディカルアテンダントフェデレーションとはエピテーゼと呼ばれるシリコーンなどで作られた医療用具の研究開発を長年行っている団体です。

 

出来上がった人工乳首にはbloom(ブルーム)と名付けました。

 

Bloomとは「花が咲く」という意味。乳がんの乳房切除手術で失ってしまった胸にもう一度花を咲かす、という思いを込めて名付けました。

 

もちろんビーシーアンドミーらしく、花模様の素敵なパッケージに入っています。

 

簡単取り外し、肌になじむナチュラルな質感
bloomは付属の装着液をつかって簡単に取り外しができます。

 

従来の人工乳首はシリコーンのみで作られているものが多いのですが、bloomはシリコーンと特殊な医療用ビニールを併用することにより、皮膚に密着しやすく皮膚との境目が目立ちにくいのが特徴です。

 

乳頭部にはやわらかいシリコーンを封じ込めていますので、実物に近い乳頭の感触を再現しています。

 

bloomは使い捨てタイプですが、1ヶの人工乳首につき10回程度繰り返し使うことができるので1回800円程度で使えて、とてもリーズナブルなのも魅力です。

 

 

長く続く乳がんLIFEを少しでも心地よくするものを、体への負担がなく、手頃な価格のもの、そしてもちろん手にして胸が躍るようなおしゃれなものを…。

 

私たちの気持ちがたくさん詰まった人工乳首bloom、いよいよ発売です。

 

人工乳首bloomは人工乳首が2ヶと専用の装着液が1本ついて16,000円(税金別途)、2つのサイズと3つの色からお選びいただけます。送料は無料です。

 

また収益の一部はNPO法人ビーシーアンドミーが行うピンクリボンキャンペーンの活動費に充てられます。

 

bloomは乳がんLIFEに必要なとっておきなものをそろえたBC Storeでお買い求めいただけます。

 

またこちらのページでもくわしくご説明しています。Bloomの取り付け方を説明した動画もあります。

簡単装着・ナチュラルな人工乳首 bloom

 

ぜひ多くの方に手に取っていただきたい商品です。

どうかbloomをよろしくお願いします。

 

 

 


 

Please reload

haircare2バナー.jpg

​Last Post

Please reload

Category

​Related article

Please reload