​乳がん用下着の選び方

​乳がん術後に必要な下着は、術式やシーン・ライフスタイルによっても異なります。ここではシーン別に用意するべき乳がん用下着とおすすめの下着をご紹介します。

1.シーン別・用意すべき乳がん用下着

乳房切除手術は大きくわけて、「温存手術」「全摘手術」の2種類があります。また全摘手術後に乳房や乳頭の再建手術をされる方もいらっしゃいます。それぞれのシーン別に用意したい下着についてご紹介します。

入院中~手術直後

入院中はドレーンがつながっていたり、傷を医師に見せたりするので、前開きの下着を用意するよう病院から指示がでます。乳がん術後専用の下着には、術後の胸を保護するための様々な機能がついています。授乳用やスポーツ用の下着を使う方もいらっしゃいますが、生地の硬さや締め付けがきになったり、傷口にワイヤーが当たることもありますので、乳がん専用の下着を選んだ方が安心です。

温存手術の場合

温存手術の場合、切除しても形が大きく変わらない場合は、術後の傷跡が落ち着けば、通常の下着を付けられるようになります。温存の乳房の残り方によっては、通常の下着をつけても、部分的にうまくフィットしない場合があります。その場合はパッドを使ってフィットさせる方法もあります。自分の乳房の形に合わせてパッドがオーダーできるショップもあります。

全摘手術の場合

全摘の場合、乳頭、乳輪、を含めすべて切除するので、乳房のふくらみが無くなります。もともとの乳房にボリュームがある場合、片方の乳房が無くなることで左右差が生じ、それが原因で体のバランスが崩れ、歩きにくくなったり、肩こりが起きたりします。重さを補うパッドやパッドを入れるポケットがついた専用の下着が販売されています。

再建手術の場合

手術後すぐは、腫れや痛みがあり、再建した乳房が安定しません。ワイヤーが入っていないソフトにホールドするブラジャーが便利です。

また乳頭を再建した場合は、下着でこすれると痛みを感じます。トップとの間にコットンなどをいれてこすれるのを防ぐ、またはトップに余裕がある下着を選びましょう。

 

乳房パッドを工夫する

乳房パッドは市販のものもありますが、身の周りのものを工夫して使うこともできます。

  • ストッキングを丸めたものをつめる。

  • 凍らせていない保冷剤をつめる。やわらかさが丁度いい。

  • 布や編み物で手作り。

 
 
 
 
 
haircare2バナー.jpg

Nice things to do

診断されてから治療が一段落するまでを説明しています。

たくさん行なう検査の項目について解説しています。

どれぐらいかかるの?みんな気になるお金の話。

​治療メニューが決まったら、準備のためのto doリスト作り。

​万全の準備で不安なく入院の日を迎えましょう。

仕事の内容や体調によっては、治療しながら働くことができます。

術式やシーンに応じて正しく選びましょう。

個人差の大きい副作用。予防と対策を万全に!

女子力を上げるチャンス!おしゃれに楽しみましょう。

形だけでなく心も取り戻すことができます。

卵子保管・受精卵保管の最新情報。

治療でよく出てくる用語を解説しています。

Please reload

手編みの乳房パッドをつくりませんか? ~magic ring~

コットンの糸で手編みした乳房パッドを広める活動をしている「magic ring」さんをご紹介します。病院、患者会、セミナー等で活動を行うほか、編み方を伝えるニットカフェを主催されたりしています。

くわしくはこちらから

ブログ 「魔法の輪」

Facebookページ 

乳がん術後に市販の普通の下着を使うこともできますが、手術直後はちょっとした刺激でも不快に感じてしまうことが多くあります。また術後の傷口が落ち着くまでに時間がかかる方もいらっしゃいます。結局、途中で乳がん専用下着に買い替えたという方も多いようです。​

専用下着なら、素材はもちろん、脇回りや縫い目にも乳がん手術用に配慮されているので安心して着用できます。

 

また手術が終わっても、通院の時などお胸を見せる機会が度々あります。その時は、やはり前開きのブラジャーが便利です。

 

乳がん専用の下着は術後用に作られているので、術後はもちろん普段使いでも、心地よく楽に着用することができます。

 

そのようなことを考えると初めから乳がん専用下着を選んで長く使うほうがお得ですね。

​2.普通の下着とどこが違うか

 

​3.おすすめの乳がん用下着

 

おすすめの乳がん用下着を2つご紹介します。

入院中、術後すぐ、通院時にお胸を見せるときに、再建手術後に

前開きブラジャー・ホスピタルコンフォート

乳房の切除手術で入院される際は、前開きのブラジャーを用意するように病院から指示があります。これは、入院中、お胸を見せる機会が多いことと、術後すぐは腕が上がらないので、脱ぎ着のしやすさを考えての事です。

授乳用のブラジャーを使われる方も多いのですが、脇回りや縫い目、アンダーの締め付けなどを考えると、やはり乳がん専用に作られた前開きブラジャーが適しています。

おすすめはホスピタルコンフォート。

ホスピタルコンフォートは、袖ぐり・背中・前中心の開きが広いので、動きやすく、洋服からみえてしまうことがありません。

下着を留めるベルクロの受けを広めにしていますから、傷の回復具合に合わせてサイズの調整も簡単にできます。

また肌にやさしい布地を使っていますので、敏感肌の方にも安心して使っていただけます。

カップの裏にはポケットがあるので、全摘手術後にパットを入れて使うこともできます。

しかも、サイズはS/M/L/LL/3Lの5つから選べますので、なかなか自分のサイズが見つからない…という方でもきっと自分のサイズが見つかると思います。

ホスピタルコンフォート

色(杢グレー)

サイズ(S/M/L/LL/3L)

​4,536円(税込)

​また前開きブラジャーと一緒に補正用パッドも用意しておけば、退院後すぐの外出でも洋服のシルエットが整います。

ホスピタルブラ専用補正パッド

サイズ(レギュラー)

​617円(税込)

 

​切除部分が下側ならホスピタル・ロング

​こちらも前開きブラジャーなのですが、アンダーの部分を長くとっているので、切除部分が下側の方やドレインを使用する方におすすめです。

ゴム幅を広めにとっているので圧迫感のない着用感。通院時や放射線治療中も快適に使用していただけます。

​ホスピタルコンフォートと同様、裏地にカップ付き。縫い目がすべて外にでているので、術後の敏感な肌にも安心してお使いいただけます。

ホスピタルロング

色(モカ)

サイズ(S/M/L/LL/3L)

​3,703円(税込)

ご紹介した下着は、どれも乳がん治療に必要な「とっておき」だけを集めた通販サイトBC Storeで購入することができます。

​またBC Storeの売上の一部は、NPO法人ビーシーアンドミーが行うピンクリボンキャンペーンの活動費に充てられます。

乳がん治療に必要なものが揃う通販サイト BC Store